「 違い 」一覧

婚約指輪と結婚指輪の違ってなに?

婚約指輪と結婚指輪の違ってなに?

ボクは仕事なので婚約指輪と結婚指輪が違う物って分かっているつもりなんですが、意外と分からないという方も多いんですよね。正直なところ正確な違いは?と聞かれたら分からないかも知れません・・・

単純に、

  • 婚約指輪は婚約の証として贈る。
  • 結婚指輪は結婚の記念に交換する。

といったくらいでしょうかね。今は婚約と結婚の違いもなかなか曖昧になってますから余計に分からないのかも知れません。ちなみにボクも婚約はせずいきなり結婚でした。ただ、婚約指輪は15年ほどたってから贈りましたが、これは本職だから出来た事で、普通はあまりないものと思います。送った指輪は商品になってます(^^;)

ダイヤモンドの隣に小さなメレダイヤモンドを留めた、シンプルで一般的な指輪ですが、この指輪には特別な思い入れがあります。店長であるボクは宝石業界にいたのでジュエリーが身の回りにあり過ぎ、特に思い入れもな…

最近では婚約や結納という儀式も都市部では少なくなっていますから特に婚約指輪を贈るという事も減ってきているのは事実ですよね。うちは婚約指輪やブライダルジュエリーを作っているので少し寂しいですね・・・

そして、結婚指輪ですがこれはずっと着けるものです。日本でも結構古くから一般的です。結婚の記念に交換するものですから、刻印も女性の結婚指輪は新郎から新婦。男性の結婚指輪は新婦から新郎。というようになっています。まぁ、一般的にという事なので決まったものではありません。

という訳で大まかに婚約指輪と結婚指輪の違いは上記のような違いと考えても良いと思います。余談ですがエタニティリングのように婚約指輪と結婚指輪を兼用する場合もあります。これについては別の日に書こうかと思います。

これでボクももし聞かれた時にしっかり答える事が出来ます(^^)