「 100万円 」一覧

100万円以上の受注って羨ましいと思われがちだけど、プレッシャーしかない。

100万円以上の受注って羨ましいと思われがちだけど、プレッシャーしかない。

羨ましいと思うでしょ?

ここの所なぜだか分からないけど高額の受注が舞い込みました。価格的には100万円以上です。それって確かに凄い事だと思うし羨ましいと思われると思います。

でも、そんな良い事ばっかりではないんですよ。何しろそういった依頼をしてくれる方は、「凄いものが出来る」って期待をするし、こちらはその期待を一身に背負って受ける訳ですから。

そんな期待をヒシヒシと感じながら綿密な打ち合わせをこなしながら、職人さんと話をしたり物事を決めたりとする訳です。

トラブルだらけ

どんな仕事でもそうだと思うんですが、予定通りにいく訳がないのです。色々な方向からトラブルがやってきます。石留めが決まらない。デザイン通りの石がない。細部がまだ決まっていない。。。など嫌な汗をいっぱいかく体験が山積みです。

だいたい納期がどんどんどんどん厳しくなってきて、間に合わないかも知れない・・・って事ばっかりなんです。だから、大丈夫。間に合わすぞ!とか色々説得しながら作るんです。

その中でトラブル連発で無理じゃないかと思う事もあるんです。ジュエリーだから輝いているのは当たり前でも、依頼者の望むような物を作るのは死ぬかと思う事の連発。。。

そして納品

色々なトラブルを乗り越えて出来上がるんですが、その瞬間でも全然安心出来ないんです。。。だって出来上がっただけで依頼者は見ていないんですから。

最終チェックでもトラブルがあるし、それを解決して最良の形を整えての納品です。ドキドキが止まらないという事はこういう事を言うんです。十代の頃の恋のドキドキが懐かしい・・・

素晴らしいです!と言われても安心出来ない

依頼者に商品を見てもらって依頼者が「オーケー」を出してもまだまだなんです。贈る人がいる場合、その方が喜ばないと納品とは言えないのですから。

納品して数日後に依頼者から連絡があって、喜んでもらえたのを聞いて初めて「安堵」です。嬉しいとかヤッターとかの感想はありません。

そして、次のミッションへ

やっと安堵したのもつかの間、本当に喜んでもらえたら次のデザインもよろしくお願いします。と言われる訳なんです。再びプレッシャー。あの悪戦苦闘の日々が始まります。

一時はキャンセルして全額返却も考えるような案件だったりするので、喜んでもらえるのは素直に感謝しかないです。

「これが俺の仕事」

そう思って初心を取り戻し仕事を続けます。

高額なら高額ほど期待を背負っているので、それなりに大変という訳なのです(^^;)


婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

3つの特徴

1カラットの指輪というのは高額だしそんなにバンバン売れる訳ではないんです。しかし、うちの店の雰囲気なのか何なのか分かんないですけど、凄いこだわり派な方からのお問い合わせで「そうきたか!!!」ってお話です。

いつもながら、こだわりを持っている方の特徴として次の3つが挙げられます。

  • お問い合わせは電話で
  • 実際に会う
  • 即決!

といった感じなのです。この方は電話では伝わらないと思っていて、まずは電話である程度の希望(これも結構ビックリな内容)を聞きました。

その時の内容は、前提として1カラットのダイヤモンドを作りたいので、デザインを伝えたいけど電話では伝わらないからお会いしたい。という事でした。

1カラットとしては特に問題はないんです。やっぱり一番はデザインなのです。この方はイラストレーターらしくデザイン画があるから見て欲しい。だから大阪の梅田まで来てくれないかって事なので、日程を決めてお会いする事に。

いざ、対面

で、梅田で会う日がやってきました。指定された場所はとても奥まった路地の「こんな所に店あんの?」って所で風俗街といった趣だったのです。生まれは西成区なので飛田新地などの風俗街には慣れていましたが、ただでさえ梅田は行かないので迷いながら不安になりながら向かいました。

やっと辿り着いてホッとしてお店のドアを開けるとその方がいらっしゃいました。

その方は電話では男性だったのですが女性だったのです!?ゲイというのかオカマというのか分かりませんが、つまりそういう事なんです。

そうきたか!!!

個人的にそういった知り合いもいますし小さい時は場所柄周りに多かったのです。理解は深くありませんが事実としてあるとの認識なので、一応微動だにしないという表情で挨拶をしました。

さぁ、仕事の話です

案内された席について、お話をさせて頂いたのですが電話の通り1カラットのダイヤモンドを使うという事。そしてデザインはオリジナルの完全オーダーメイドという事。

早速デザインを拝見させてもらいました。スケッチブックに大きくデザインが書いてありとても細かいデザインでした。イラストで十分食べていけるという事でお金は問題ない。だから、ダイヤモンドは超が付くほどの最高級な物を使いたい。デザインも当然ながら100%再現したいという事でした。

確かにデザインはとても難しく再現出来るかと聞かれれば、出来ますと言いますが制限があるとの話をしました。実際の大きさはスケッチブックに大きく書いた物ではなく、ダイヤモンドを入れても大人の親指くらいかその一回りくらいの大きさにしかならない事を伝え、お店の中にあったコピー機で実際の大きさに近くなるくらいまで縮小コピーをしてお見せしました。

どんな方でもそうなんですが、そこで本当の現実的なデザインを見て知る訳です。これが現実なのだと。

それで諦めるという事はなく、今度はこちらが話す番なのです。

「このデザインをこうすれば指輪になる時に成り立つデザインになり、実際の大きさはこれくらいなので留める宝石の大きさはこれくらいになり、こうなると地金が光っているのか宝石が光っているのか分からないし、どんなに品質が良くても小さくて宝石の色が分からない。その為にこの宝石はこちらの宝石に変更した方が良い。」

などこの他にも色々とアドバイスをする訳です。そうすると縮小コピーをした時のガッカリな表情から本業のイラストを書く時のようなイマジネーション溢れる表情に。そうなると話も弾み、お互いに新しいアイディアもどんどん出てきます。こうなると面白いですよね(^^)

そして、即決

ほとんどの打ち合わせを終え、後はこちらで立体的な3DCGを用いた決定デザインと見積もりを出します。と伝えます。

この時には、ほとんどの場合「是非お願いします!」と言われるのですが、こちらとしてはこの興奮状態で決めるのは危険なので、それは実際のデザイン画を見て見積もりを見てから決めて欲しいと伝えます。見積もりまでの数日間まで心変わりせず同じ気持ちであれば本当に作る価値があると思うのです。

今回の場合は、枠作りの価格よりダイヤモンドの占める割合が多かったので、立体的なデザインを見てもすぐに話が成立しました。見積価格もちょっとしたサラリーマンの年収ほどだったのですが、快く受け入れて頂きました。羨ましいと思うでしょ?でも実際はプレッシャーに押しつぶされそうになります。

もし、上手くいかなかった場合に通常の路面店や百貨店だと下請けや職人さんのせいにされる事が多いんです。しかし、こちらはそういう訳ではなく色々な職人さんに頼んだり作ったりと実際に作っている所なので、そういう言い訳は絶対に出来ないんです。謝罪をしてもう一度時間を貰って作り直すしかありませんが、そうなると利益どころじゃなくなりますからね。

それにこういう商品は、いつまでも大事に使ってもらえるようにアフターサービスなどもするので、喜べる瞬間なんてそうはないんです。

だから、納品までドキドキしまくりで汗だくです。。。

2ヶ月後に納品

枠作りに相当時間がかかったので2ヶ月という期間だったのですが、途中にお会いしたり電話したりお客さんが不安にならないように努めましたし、他のお仕事も頂いたりと信頼関係も出来ました。持ち逃げされると思われたくないですし、本当のプロだと思ってもらいたいですからね(^^;)

ある程度途中経過をお見せしていたので、だいたいは分かっていたんですが実際に出来上がった商品を納品した時の喜び方は半端ではありませんでした。凄く喜んでもらって肩の荷が下りました。一気に気が楽になりました(^^)

そして、お相手なんですがお相手も同じ業界との事で、2人の写真が送られてきたのですが何とも微笑ましいものでした。

異性との場合でも同性の場合でも、とても美しい

こういったお客さんは数年に一回の事なのでそうそうないと思うんですが、作り手としても凄く楽しい時間でした。まだまだこれからもお付き合いが続きますが、そう思うと嬉しいですよね(^^)


100万円の指輪でこっちがビビってしまった事

100万円の指輪でこっちがビビってしまった事

ちょっと前の日記で「100万円の婚約指輪のお問合わせでビックリした事」を書いたんですけど、実は多くはないけど100万円レベルの買い物をする方は結構大胆でこっちが「大丈夫ですか??」って聞きたくなるような事があります。

電撃注文!

ある日、家で仕事をしていると電話が。

お客さん:「もしもし、宝石屋さん?インターネットで見たんやけど、注文どうしたら良いん?」

ボク:「え?あぁ、ご注文ですか?ショッピングカートから決済してもらっても大丈夫ですし、この電話でも良いですよ。」

お客さん:「あ〜そう。じゃあこの電話で頼むわ。ほんでな、来週の金曜日に欲しいねん。」

ボク:今日は木曜日・・・「金曜日ですか?商品はどれが希望でしょうか?」

お客さん:「え〜とな、1カラット版:6本爪サイドメレデザインの婚約指輪ってやつがええねん。シンプルやけど豪華やろ?」

ボク:「そうですね。分かりました・・・ダイヤモンドのグレードは希望ありますか?」

お客さん:「ダイヤのグレードは分からんねん。だから100万円で作ってや。」

ボク:「100万円ですか!?それぐらいならグレードはこれくらいになりますよ?良いですか?」

お客さん:うん、えーよ。でな、来週の金曜日に出来そう?」

ボク:「なんとか・・・間に合わせますけど、うち・・・先にご入金をしてもらってから製作を開始するんですよ。」

お客さん:「あぁ、大丈夫。今パソコンの前におるから振込先教えてや。」

ボク:めちゃくちゃ展開早いやん・・・「え〜と・・・振込先は〜〜〜になります。」

お客さん:「分かった、ちょっと待ってや・・・」

数分後・・・

お客さん:「よっしゃ、いけたで。確認してや。」

ボク:マジか・・・「分かりました、確認するんでちょっと待ってくださいね・・・おぉ、入ってました!ありがとうございます!」

お客さん:「そうか、じゃあ頼むわ。送る住所やねんけど・・・・・・でよろしく。」

ボク:「わかりました!大急ぎでやります。で、ちょっと聞きたいんですけど、うちで良かったんですか?しかもいきなりこの場で振り込みなんて。」

お客さん:「あぁ、前に見てしっかり作ってそうやし、信用できそうやん。兄ちゃん嘘つきそうになかったし対応も良かったしな。何より急ぎでも対応してくれそうやん。」

ボク:「そうなんですか。ありがとうございます。あまりない事ですし、100万円ですから大丈夫かと思って。。。」

お客さん:「うん、大丈夫大丈夫。信用してっから(^^)」

信用してるから。その一言で頑張れます

こんな時は不思議な気持ちになります。会ったこともないし初めて話したのにいきなり信用してもらえるなんて変な気分になるんですけど、お客さんはボクのネットショップの全てをくまなく見ているようで信用してくれたようです。

あまりの勢いでビビってしまったんですけど、「信用してるから」と言われると凄く嬉しくなります(^^)

電話を切ってからは何から何まで大忙しで急ぎに急いで、無事に納品をしました。あんなに焦ったのは久しぶりです。それにしても・・・今までこういったお客さんが何人かいてまた書こうと思うんですけど、どういう訳だか・・・

全員が全員関西人!

これにはビックリ(^^) 実は関西の人はネットショップでの依頼は少ないんですけど、面と向かっての対面販売や電話での問い合わせ率が異常に高く、信用したら一気に注文するといった傾向が多いです。

関西圏の人はまだまだ人情味があるって事ですね。そういうボクも関西の人間なのでちょっと嬉しくなりますね(^^)


婚約指輪、購入金額の平均額のカラクリ

婚約指輪、購入金額の平均額のカラクリ

婚約指輪の平均購入金額は昔からたいして変わっていないと思う

この間、こんなニュースがあり、ちょっと読んでいました。

何でも婚約指輪に関するニュースで、婚約指輪を用意するのか、するとして購入金額はどれくらいなのか?といったニュースでした。

婚約指輪を購入する割合がビックリ

見てみると婚約指輪を用意する人が67%と約7割となってました。個人的な体感としては、5割位じゃないかって思っていたので思ったより多いなぁと感じました。

結婚するカップルが減少しているので、それでも結婚するなら用意しようといった感じですかね。購入するならうちでお願いしたい(^^;)

そして、平均購入金額の問題

このニュースでは「20万~30万円未満」が17.2%となっており、その中での平均金額は34.7万円となっていました。実はこれもボクの体感とは違います。

まぁ、データがないので何ともいえないですけど、ボクが運営するブリリアントジュエリーでは、オーダーメイドも扱っており通常とは多少違う結果になるのは当然ですが、実は個人的な感想も含めて二分化してるんじゃないかと思うんです。

うちの場合、ダイヤモンドはグレードをある程度設定して価格を出していますが、これが見事に上か下か。そして、10万円、50万円、100万円という3つの価格帯に分かれて購入されています。20万円から30万円というのがない。ビックリするほどない。。。

これを購入比率にしてみると、10万円が1番多く、50万円と100万円が同じくらい。これを平均すると上記のニュースと同じような結果になります。

なるほどなぁ。と自分で納得しました。結果的にはニュースと同じなんて。

だから、昔から平均購入金額は昔から変わっていないんでしょうねぇ(^^)


100万円の婚約指輪のお問合わせでビックリした事

100万円の婚約指輪のお問合わせでビックリした事

0.3カラットのダイヤモンドを使って100万円ですか!?

ずっとネットショップをやっていると、ビックリする事もあるんです。例えば、急ぎに急いで1週間で納品して欲しいだとか、電話口で振り込まれた事とか、とんでもなく高額な商品を注文してその場でカード決済とか。。。こっちが引いてしまうくらいな事もあるんです。

ちなみに最近で1番びっくりしたのは、

0.3カラットのダイヤモンドを使って100万円の指輪を作って欲しい

といったものでした。。。100万円の指輪って色々あると思うんですけど、ブリリアントジュエリーの場合は0.5カラット1カラットの場合だけなんです。

でも、この方はダイヤモンドは何が何でも0.3カラットでデザインもこの指輪限定で!

って事で100万円で作って欲しいとお問合わせを頂いたんです。しかし、この指輪は1番高額のダイヤモンドを使っても40万円もしないくらいなのです。だから、その上のクラスのダイヤモンドを用意したらどうかと思い、見積もりをしたんですがどうやっても100万円にはならないんです。

その方は他の大きさも他のデザインもダメと言って譲りませんでした。ボクとしてはどんなに良いダイヤモンドを使って最高に綺麗に作り変えても100万円には届かないので、一体どうして、その指輪で100万円にこだわっているのか聞いてみました。その答えは・・・

彼女の指は小さく短いので大きいダイヤモンドは似合わず、デザインは彼女の一目惚れ。100万円というのは自分のこだわりであり、婚約指輪は100万円と決めている!

という理由なのでした。納得です。返す言葉がない・・・

それでもこの設定で100万円は難しい。。。

だからこの方に電話をして色々とお話をしてみました。やはりこの設定で100万円は無理がありますと。値段を誤魔化せば出来ますがそうすると一体何が目的なのか分からなくなると。

こちらがこの設定で100万円ですとはいえますが、これは道に反する事なので絶対に嫌です。という事を話すとある程度納得してもらいました。それから色々解決策を考えました。

そして導き出した解決策とは!

もともとこの解決策は浮かんでいたんですが0.3カラットという事にこだわっているのかなと思い話さなかったんです。でも、話していると解決できそうな理由があり話してみました。その解決策とは?

直径が0.3カラットに近い0.5カラットのダイヤモンドを使う

という事でした。実はこれって結構知らない方が多いんですが、ダイヤモンドのカラットとは「大きさではなく重さ」なんです。だから重さが0.5カラットであっても直径が0.3カラット並みの0.5カラットもあるんです。

簡単に言うと、直径が小さく深さのある石を使うという事です。ダイヤモンドは立体なので縦×横×高さで重さ(カラット)が決まります。だから少し高さがあると直径は狭くなるのです。業界用語では「ゴロ石」といってあまり良い響きではないんですが、これが今回の解決策でした。

下の画像は全て同じカラット数です。見た目は違うけど同じなんです。今回はこの「背高」という石を使いました。

同じカラット数のダイヤモンド

このダイヤモンドを使い、ダイヤモンドのグレードも100万円に価格を合わせて作ったのです。お客さんは納得して頂きましたし、後ほど結婚指輪のオーダーメイドの依頼もありました。

こういった石を使う方法とかは、あまり出てこないですし、プロしか分からない、知り得ない事です。だから気軽に問い合わせをしてもらうと色んな解決策があったりしますよ。悩まず相談してくださいね(^^)


1カラット以上の婚約指輪の価格はどうなってるのか

1カラット以上の婚約指輪

1カラット以上の指輪は100万円以上する

ブリリアントジュエリーでの問い合わせで、たまに1カラット以上のダイヤモンド、2カラットであったり3カラットであったりバラバラですけど問い合わせがあります。

1カラットダイヤモンドの婚約指輪を揃えてはいますが、それ以上のダイヤモンドになるとそうそう見付かる事もないので、色々探すんですが値段は当然ながらグレードによってバラバラです。

でも、断言出来るのは絶対に100万円以上しますよね。うちで1カラットの指輪は60万円くらいが1番下の価格ですが単純に倍という訳ではないんですよね。希少性も違うし品質も目的の石はそう簡単には揃いませんしね。

ちょっとしたグレードの違いでドカンと変わります

ダイヤモンドなのでグレードがある2カラットや3カラットのダイヤモンドもある程度相場があるんですが、同じカラットでもグレードが1つ違うだけで、

「そんなに違うの?」

ってくらい急上昇したりします。うちが扱ったダイヤモンドは3カラットでしたが300万円超える価格でした。デザインはシンプルなティファニーセッティングでしたけど、おっそろしく綺麗でキラキラ感じではなく「ギラギラ」していて、扱うこちらもドキドキするくらいでした。

やっぱり1カラット以上となると高いなぁ・・・と思いましたね(^^;)

そんな訳で常時扱っている訳ではなくお取り寄せでやってますが、価格はその時によって違います。

また良いデザインがあれば作ってみたいなぁと思うので、オーダーメイドでも作りたいと思う方はお問い合わせくださいね(^^)