「 NuAns NEO [Reloaded] 」一覧

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース断念。。。

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース

地金が硬すぎた

以前から挑戦していたNuAns NEO [Reloaded]のメタルケース。試作品が出来たので装着と思ったのですが、全然装着出来ない。地金は硬いししならないし。仮に入ったとしても外す時に本体まで損傷しそうな勢い。

それ以後、何度か修正を繰り返してやってみたけど全然ダメでした。。。結局のところ地金の硬さが問題で柔らかさがなく装着不可能。

薄く薄くすると入りそうですが、そうなるとペラペラ過ぎて強度が全く足りず厚くすると入らない。。。

悪戦苦闘の末の断念

考えれる限りの対策をやってみたけど難しそうなので今回は断念。アルミとか真鍮とかなら可能かも知れないけど宝石屋とは違ってくるので止めておこうと。

シルバーでもゴールドでもプラチナでも宝石入りで出来れば素敵と思ってやってみたけど、今回は断念です。。。残念やなぁ。。。

でも、良い勉強になった

こういった物は利益の追求という訳でもなく趣味として、技術の向上といった感じなので残念とは言え、久しぶりにメチャクチャ面白かった(^^)

それだけでもやった価値があるし、次に繋がりそうな感じがします。今度はiPhoneバンパー作りたいなぁ(^^)


NuAns NEO [Reloaded]のメタルケースを作ってみました

約700通りのカスタマイズが個性を演出する、NuAnsのAndroid搭載スマートフォン「NuAns NEO (ニュアンス・ネオ・リローデッド)。

メタルケースが出来ました

実は去年このスマホが登場した時から欲しいと思っていたけど、Androidが登場するのを待っていたら今年登場したのでケースを作りたいと以前日記で書きました。

勢いそのままに作ってみたら、メチャクチャ苦労した。。。それでもかなり難しい。。。

艶消し加工の理由

艶消し加工にした理由は、シルバーで平らな地金を作ると「うねり」が出て波々な仕上がりにどうしてもなってしまうので、それを誤魔化す為に艶消し加工にした。それでもうねる。
上の方に着けるケースはその艶消し加工を違う加工にしてみた。「高級な和紙」をイメージした加工で分かりにくいけど凄い綺麗。

しかし・・・両方共重量はシルバーで80グラム前後と相当重い。加工賃も高いしスマホ本体より高くなる。昨日の日記にも書いたけどプラチナやゴールドで作ったらどうなるのか想像付かない(^^;)

欲しい人がいるのかどうか分かりません

欲しくなる人いるのかどうか。まぁ、そこは考えないでおこう。作りたかったという理由がメインだったし。手直しが必要とはいえここまで形に出来たし悪くなかったと思います。

作るのおもろいなぁ(^^)

オススメの仕上げ加工

この高級和紙のような仕上げで触り心地も気持ちいいです。意味なく触って使いそうです(^^)

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース

※続報その3


NuAns NEO [Reloaded]のケース作り続報

NuAns NEO [Reloaded]

文字はエヴァンゲリオン

あんまり関係ないですけど。この前書いたケースですけど、データで作る方が正確とは言え実際に作る時は結局修正を加えるので、そのコストを考えていたんですが実はアウトレット品の事を教えてもらっていて一度購入してみました。

アウトレット品

型取りの為にアウトレット品を購入してみました。

NuAns NEO [Reloaded]

アウトレットという事で流石に仕上げがイマイチな出来。。。まぁ、製品がこれではいけないと思うけど、アウトレットだからかな。これをちょっと細工して型取りしてメタルケースが出来ればと目論んでます。

安っぽい

アウトレット品は仕上げがイマイチとはいえ、素材はプラスチックで凄く安っぽい。だからこそ、綺麗で高級なメタルケースの出番と需要があると思うんです。

愛着が湧くようなケース

ケースのどこかに誕生石を留める事が出来て、レーザー刻印でネーム入れが可能となると、ケースはもちろん、そのスマホにも愛着が湧くでしょ(^^)


NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

3Dデータを使用

この前書いたiPhone7より欲しいスマホなんですけど、ケースを製作しようと取り組んでます。まだ製作開始前の段階なんですけどね。。。

NuAns NEO [Reloaded]のページの下に3Dデータが配布されているので、それをダウンロードしてから、3Dプリンターで形にするんですけど見積もりを出したらメチャクチャ高かったので、ちょっとビックリしてしまって他の素材で作ろうかと思ってます。

結構面白い

調子に乗って他のも試してみたら結構面白くて全然進みませんでした(笑)で、データを出したのが下の画像。

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

意外と安く作る事が出来るかも

実際に作らないと分かりませんけど、原型自体はそんなに費用はかからない感じです。
それをプラチナやゴールドで作るとなると高いですけど、シルバーで作れば悪くなさそうです。

シルバーは地金としてはそう高くないので、数万円レベルですけど作れそうな気もします。

ただ、メタルケースはキズが付いたりするんですが、それは味と考えて使用する方が愛着が湧きますよね。

もちろん、表面仕上げや宝石を埋め込んだりするのでその分は考えないといけませんけど、考えるだけでも楽しいです。

iPhoneケースは後回し

iPhoneケースは遅れているので、次に回しています。しかし、そのうちにiPhone7の後継機種が登場しそうなので、しばらく様子を見ないといけないですね。。。

NuAns NEO [Reloaded]のケースは早いうちに形にしたいですね(^^;)

※続報その1

※続報その2


NuAns NEO [Reloaded]がiPhone7より欲しい!

NuAns NEO [Reloaded]

今、iPhoneよりNuAns NEO [Reloaded]が欲しい!

実は以前から注目していたスマホ。NuAns NEOの新作NuAns NEO [Reloaded]が発表されました。中身が激変しているのにデザインは全く同じというスマホです。

ボクでは説明が足りないので詳しくはNuans NEOのページを見てもらうとして、今はiPhone7より欲しいです。もし本当に良ければメインにして現在サブとして使ってるXperia Z Ultraも売り払って1台持ちにします。モバイルバッテリーは必要かも・・・

何と言っても背面カバーが着せ替えれるってのが良い

一度だけ触った事があるんですけど、今使ってる4インチのiPhoneより大きいのに違和感なく持てて凄く手に馴染むのが印象的だったんですけど、背面カバーが着せ替えれるんです。

カバーは上下別で600パターン以上の組み合わせがあるそうです。ちなみにボクは下の組み合わせが良いなぁと思ってますけど、無難ですね(^^;)

NuAns NEO [Reloaded]

カバーを組み合わせるという事は・・・

さぁ、宝石屋として出来る事はiPhoneのバンパーのようにこのカバーも作ってみたいって事です。

重さが凄いので金とかプラチナで作ったら恐ろしい事になりそうなので、ひとまずシルバーを作ってみたいです。恐らく仕上げが大変なので艶消しにしないと難しいかなぁと。

それでも作ってみないと分からない

作ってみて改良して断念するかも知れないけど、やっぱり作ってみない事には何も分からないし、これによって技術の向上にも繋がるので考えるだけでも楽しみなのです(^^)

まずは、ないお金を振り絞って捻出し購入しないといけませんよね。奥さんが恐い・・・(^^;)